検索
  • さかまクン

くしろ霧フェスティバルで得た物


第34回くしろ霧フェスティバルが今年も開催された。

まちづくりを標榜して運動を行う僕ら釧路JCにとって

数少ない、市民に向けた活動となっている。

(これまで霧フェス創成期から支えてくれた馬場さん)

(どうぞ安らかにお眠りください・・・

※写真は2018年第1回実行委員会)

僕らは釧路市民に喜んで欲しいと、

各部会がタッグを組み様々な手法を凝らして

3日間突っ走る。

3日間のために3月から準備を進める中で

頂いた協賛金を適正に執行する者、

市民を楽しませようと奮闘する者、

事故が起きないように安全に気を配る者、

来てくれたボランティアの方が

活動しやすいように配置を考えたり、

溢れかえるゴミを集めて処理する者

くしろ霧フェスティバルとは、

与えられた役割の中で

それぞれのまちに対する想いから創られた

集大成の事業とも言えるんだ。

だから、

無事に終わった後は

見ての通り・・・

大のおとなが、達成感で涙する。

こうやって人は人で磨かれて、成長する。

これが、釧路JCの魅力の一つなんじゃないかな。


0回の閲覧