副理事長所信

伊東_edited.jpg

副理事長

伊東尚悟

 本年、69年の歴史と伝統が紡がれた釧路青年会議所の副理事長という大役を仰せつかり、その重責に身の引き締まる思いです。入会以来、様々な場面でご指導ご鞭撻を賜っております先輩諸氏、そしてメンバーの皆様には私にとって2度目となる副理事長の職を与えて頂きました事深く感謝申し上げます。本年は卒業年度となりますが、LOMの発展に貢献出来るよう誠心誠意取り組んで参る所存です。

 新型コロナウイルス感染症をはじめとして、全世界、地域社会に多くの将来不安がある中で、私達は青年としての正しい着眼と新たな感性で目まぐるしく変化する社会情勢の動きをしっかりととらえ、今取り組むべき課題に正面から向き合い青年会議所活動に取り組む必要があると感じています。

 そして「まちが人を育て、ひとがまちを創る」という釧路青年会議所の基本方針にあるように、私達メンバーは自らが率先してあらゆる資質の向上に努めなければなりません。どれほど立派な志を持っていても、海より深い郷土愛を持っていても、その思いを現実のものとするためには、戦略を立てる能力、その戦略を円滑に進める技術、多くの賛同者を得るための人間力、など様々な力を身に着けなければなりません。多くのメンバーと切磋琢磨し、互いを認め合う事で、それらの力を育む事が出来る唯一の組織がこの青年会議所であり、今後もこの地域にとって必要不可欠な人材育成機関と確信しています。

 LOMの未来を担うアカデミーの可能性を大きく開花させるのは私達の最も重要な任務です。まちへの思いを共有し、様々な場面で大きな達成感を得られるようにしっかりと成長機会を提供して参ります。私達は、入会歴が浅いからこその新しい視点や考えにも耳を傾け、在籍年数に捉われず全メンバーで活気あるLOMを作っていきましょう。

私達は青年世代としてまちの未来や次なる世代の住み良いまちのために、果敢に挑戦をし続け責任を果たさなければなりません。菅原理事長を支えながら本年の担いに精一杯取り組んで参る所存です。皆様のご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます

G伊藤剛一1_edited.jpg

副理事長

伊藤剛一

 本年、(一社)釧路青年会議所副理事長という大役を与えて頂きましたメンバーの皆様、創立69年間の歴史と伝統を残していただきました先輩諸氏、心より感謝申し上げます。入会してから今までの経験を生かし最終年度LOMに恩返し出来るように活動・運動に邁進していく所存でございます。

 少子化が年々加速していく中、生活環境の変化により今まで以上に臨機応変に対応していかなければならない状況下で問題課題は沢山あります。今後のくしろ地域の未来を担う子ども達のためにも釧路青年会議所として建設的・肯定的な議論を重ね青年としての英知と勇気と情熱を持って課題解決に取り組む必要があります。「人生は何事も経験だ」とありますが子ども達には少しでも多くの経験と学びを感じていただき何かの目標に向かい真剣に向き合い挑戦していく過程の中で、悔しさ、楽しさ、友情、自信などいろいろな感情の中で自分自身の成長を感じていただき今後の人生においてどんな困難が起ころうとも屈する事ない精神力で問題解決し邁進していける子ども達を一人でも多く育成していく事が今後のくしろ地域にとって重要と考えます。私達大人が今後くしろ地域を担う子ども達のためにも自らの挑戦・やり遂げる心を育む運動こそが今後重要だと考えます。

 私たちは釧路青年会議所として今後のLOMを担うメンバーと共に地域に愛され、必要とされる団体でなければなりません。今一度初心に立ちかえり自分と向き合いメンバーの皆様と共に自他共に成長していきたいと考えております。本年度で最終年度になりますが、今まで経験してきた事を全て出し切り使命感をもって共に最高の達成感を共有して参りたいと思います。まちづくり、ひとづくりを通して1年間活動・運動に邁進していきますのでご指導ご鞭撻の程よろしくお願い致します。

2021G島本さん.jpg

副理事長

島本勇平

 本年、創立以来69年という歴史のある(一社)釧路青年会議所の副理事長という大役を与えて頂きました事にメンバーの皆様と、そして常日頃よりご指導ご鞭撻を賜っております先輩諸氏に心から感謝申し上げるとともに、先輩諸氏が築き上げられた歴史と伝統、そして多くの皆様のご理解ご協力のもと、今日の私達がある事を常に心に置いて、釧路青年会議所の輝かしい未来、くしろ地域の明るい未来に向けて活動に邁進していく所存でございます。

 【未来は予測するのではなく、未来は自分で創ること】という名言があります。今、青年会議所は様々な面で大きな岐路に立たされています。「今までがこうだから、これでいい」という「慣例・通例」では、大きな壁は乗り越えられません。来年の創立70周年をむかえるにあたり、受け継いできた事の検証をしっかりと行い、現役メンバー一人ひとりが責任を自覚し、過去から継承し未来を見据えた変革という行動を起こす必要があります。そして、その変革を行動に移して行く上で大切なのは、修練・奉仕・友情という三信条をもち本気でまちづくり・ひとづくりについて語り合い、ともに行動をして行く事の出来る仲間を増やしていく事です。しかし単純に拡大をしていけばいいという事ではなく、現状に満足する事や、不満を言うだけではなく、「自分ではない誰かのために自分に何ができるか」を理解し行動をしていける団体だという事を、周知し仲間を増やしていく事が、この先の釧路青年会議所、そしてこのまちの未来を考え、ひとづくりを行っていく上で大切な事だと考えます。

 私たちの住み暮らす世界を取り巻く状況は日々変化をして行きます。この地域の中での立場をしっかりと理解をし、その変化に対応するため様々な事に率先して挑み・示す事で、社団法人格の使命でもある、不特定多数の利益を生みだし、多くの笑顔溢れる未来が構築され、この地域の中で必要とされる団体であり続けられるよう精進して参りたいと存じますのでご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。All for the future.